Skip to content

イメージトレーニングは自己暗示~メンタルトレーニング~

イメージトレーニングによるメンタルトレーニングは、いわゆる自己暗示です。
理想の自分を繰り返し思い描くことで、自分に暗示をかけるのです。
では、実際にはどのように行えば、効果的なトレーニングができるのでしょうか。
もちろん、ただ漠然と夢物語を空想するだけではトレーニングにはなりません。

「努力をしてでもなりたい」そんな理想の自分を明確にし、ひとつひとつ具体的なイメージを鮮明に思い描かなければなりません。
例えば、自分が高校野球のピッチャーであるならば、甲子園のマウンドに立っている自分を思い描いてみましょう。
そして、それを実現させるためのステップを細かにイメージしていくのです。
日頃から行っている投球練習の動作をひとつひとつ実際に投げているように頭に思い描きます。
ストレート、フォーク、カーブなど、自分が投げたボールがキャッチャーミットの中へ吸い込まれていくところを細かに想像するのです。
また、自分が投げたボールを相手のバッターが空振りするところ、自分の投球が150km/hを超えるところなどを具体的にイメージします。
イメージを鮮明にするためには何度も何度も繰り返し、さらに、イメージを固定させることが重要です。
メンタルトレーニングの『リコレクト』

イメージトレーニングの驚くべき効果~メンタルトレーニング~

イメージトレーニングによるメンタルトレーニングは、実際に身体を動かすことではなく、理想どおりに自分が動いているところを思い描いて、本番において感情を乱すことなく実力を100%発揮させるためのものです。
感情を持つ人間は、ふとしたことで雑念が沸き、心が乱されます。

普段からイメージトレーニングを行うことで、本番での集中力が高まり、予期せぬ事態が起こった場合でも冷静を保てる自分を作り上げるのです。
また、イメージトレーニングはメンタルトレーニングになるだけではなく、実は技術力やテクニックまでも磨くことができます。
技術力などを磨くには、何度も何度も繰り返し練習を行うことによって身につけるものだと想像しますが、身体を動かさず頭の中だけで行うイメージトレーニングにおいても、それが可能となります。
人間の右脳はイメージや空間認知を司り、瞑想することによって驚異的なインスピレーションを生み出します。
この瞑想において想像力を養い存分に発揮させることで、頭の中で、理想の自分の映像を繰り返し再生することができます。

頭の中でイメージがすっかりと出来上がったところで実際に身体を動かしてみると、驚くほどの効果につながります。

メンタルトレーニングが勝負を分ける

メンタルトレーニングへの認識が一番高いのはやはりスポーツ業界においてでしょうか。
最近の一流アスリートは、フィジカルトレーニングよりもメンタルトレーニングを重要視しているようで、意識的に鍛えるそうです。

メンタルトレーニングの目的とは、本番で100%の力を発揮できるように、いつもよいイメージを頭に描き、リラックスした状態でいられるように精神面もトレーニングし、成績向上に活かすことです。
技術を磨き、身体を鍛え、体力的・肉体的には最大限にまで鍛え上げられたアスリート。
フィジカルトレーニングを毎日のように行うことが、現状維持にはつながってもこれ以上は伸び様がないという場合、次に鍛えることが出来るのは精神面ということになります。
同じように鍛え上げた二人のアスリートでも、メンタルトレーニングを行っているか否かで大きな差が出てくることでしょう。
最終的にはメンタル面をどこまで鍛え上げることが出来るかで勝負は決まるともいえるのです。

人間誰しも精神的に弱い部分を持っていると思います。
メンタルトレーニングによって、それをコントロールすることが出来れば怖いものなしなのではないでしょうか。

メンタルトレーニングでは常にリラックス状態であることの重要性

ここぞというときにリラックス状態でいられるということは、言い方を換えれば「冷静」でいられるということです。
人間は大きな緊張感を強いられる場面では、ちょっとしたことでパニック状態に陥りやすいですが、リラックスした状態を保つことが出来れば、ピンチに陥ったときやなにかアクシデントが起きたときにも、落ち着いて対処することができます。

パニックに陥ってしまうと対処が遅れたてしまったり、わけの分からない言動を取ってしまって、どんどん悪循環を招いてしまいますよね。
しかし、いつもリラックス状態でいられれば、例えば、試合中に相手に先制点を奪われてしまった場合などでも、気持ちを切り替えて反撃に臨むことが出来るわけです。

また、精神が安定した状態にいないと、人は注意散漫となり集中力に欠いてしまいますが、リラックスした状態であることで、試合や仕事、演奏などに集中することもできるようになるでしょう。
つまり、メンタルトレーニングにおいて、常にリラックス状態でいるということは、意識的に取り組む必要のあることなのです。

メンタルトレーニングにおけるイメージトレーニングの意義

メンタルトレーニングは、スポーツ選手はもちろん、仕事や受験勉強、楽器の演奏などを行っている人にも必要なトレーニングです。
人との勝負、自分との勝負など、何かに向き合わなければならないときに、緊張や不安などに負けることなく、自分の力を最大限に発揮できるような強い精神を持てるように心を鍛えます。

メンタルトレーニングは大きく分けると、自分にとって最高にいい形を思い浮かべるというイメージトレーニングが出来るかどうか、また、どんなときにでも精神を安定させ、平常心でものごとに立ち向かえるようなリラックス状態を作れるかどうかのふたつの意味合いがあるのではないでしょうか。
精神面を鍛えるうえで、ポジティブな思考を持つことは非常に重要です。

イメージトレーニングが出来るようになることで、自信を持って勝負に臨めるようになるので、「ここぞ」というときに実力を100%出し切れるようになります。
自信が持てないと、いざというときに周りの空気に呑まれてしまって、実力の半分も出せなかったりしますよね。
それだけ、自信を持つということは重要なのです。

墓石を買う前に

自分でいよいよお墓を、いよいよ墓石を用意しなくてはならなくなった時、そうなった時にはもう色々なことを調べる時間は無いのではないかと思います。
もしもすでに設置する場所を決めているのであれば、時間のある時にある程度の情報を集めておくことが懸命かと思われます。
やはり、長く使われていくものですから納得のいくものを購入したいと思うと思います。
できれば多くの情報を集め、お盆やお彼岸シーズンに多く出る広告などを意識的に目に留める様にしましょう。
これがと思うものがあれば、実際に足を運んでみるのもいいと思います。
実際にイメージされるものは決まっている様な形ではありますが、特に美菜に揃える決まりはありません。
最近では個性的な墓石もあり、横位置のものあれば、柄の入ったものもあり、少しずつ変化も見られる様です。
素材も様々ですから、破損しにくい素材のものを選んで、わからない場合は専門家の意見を聞いてみるといいでしょう。